Iラインの自己処理!私がやってる簡単処理方法の手順を紹介

Iラインの自己処理!私がやってる簡単処理方法の手順を紹介

VIOラインの言葉の由来

Iライン

 

 

皆さん「Iライン」って言葉を知っていますか?

 

多くの人は知っていると思いますが、「VIOライン」というのは女性のデリケートな部分のそれぞれの形状をあらわした言葉なんです。
それにしても「女性のデリケートな部分」ってコピー、誰が考えたんだろう?
やっぱりあのCMかなー?

 

Vラインは正面から見た股の形がVの字になっていることを表しています。
つまりビキニラインのことですね。
Vラインと言いつつ毛の生えている逆三角形全体の部分を指すことも多いですよね。

 

男の場合はUラインとか言ったりするのかな?ww

 

 

Iラインはデリケートな部分そのものを表しています。
私はピラピラがはみ出しちゃっているので、キレイなIにはなっていませんが何か。

 

Iラインという言葉で大陰唇部分に生えている毛のことを指す場合もありますよね。

 

 

Oラインはお尻の穴周りのことですね。
私は元々あまり生えていません。

とにかく自己処理が難しいIライン

今回は私がやってるIラインの自己処理について書いてみたいと思いますが、このIライン処理はアンダーヘア処理の中で一番難しい、めんどくさいですよね。

 

Vラインは自分でも比較的簡単に処理できますし、Oラインは処理しなくても問題ない人も多いと思いますが、Iラインは直接見づらいし形状も複雑なのですごく処理しづらいんです。
みんななかなか言えないだけで苦労していると思います。

 

デリケートな部分なので、処理をする上での怖さもありますよね。
私も処理慣れしてきた若かりし頃、きちんと見ないで感覚で適当にスイスイやっていたらカミソリで皮膚をズバッと切ってしまったことがあります。
血が滲んで痛かったけどまだ皮膚で良かった。

 

 

なのでそれからはきちんと目視してやってるんですが、鏡で見て処理をすると左右とかがよく分からなくなってくるんですよね。
私は不器用なのか方向音痴なのか、鏡で見るとすぐに右と左が分からなくなります。
すぐに反対に手を動かしちゃう。
皆さんは鏡で見てうまくできますか?

 

なので、体を折り曲げて苦しい体勢になりつつ、出来る限り目視しながら処理を進めています。
情けない感じの体勢なので、旦那に見られないかといつもヒヤヒヤしています。

 

 

▼たった300円でVラインIライン脱毛デビューできるキャンペーン
100円

Iライン処理は処理をする範囲が分からない

Iラインの処理にはもう一つ難しい点があって、どこまでやっていいのか全然分からないんですよね。

 

これは皆さんも経験あると思いますが、やり過ぎるとIライン部分がチクチクしてすごい不快感があります。
私はこのせいなのかよく分かりませんが、何度かかぶれたこともありますよ。
すごく痛いんです。
多分性病ではないはず。。。

 

私は元々毛は濃くも薄くもないと思っていますが、Iラインは結構しっかり生えていました。
というか、それが当たり前だと思っていたんですけど、旦那曰く「この部分に毛が生えていない子もたくさんいる」と言われてびっくりしました。

 

多分それは生えていないんじゃなくてきっちり処理しているだけだろうと言いましたが、どうやらそうでもないようで。
私よりも明らかに女性の股間をたくさん見ているであろう変態の旦那に言われると、妙な説得力があって「ぐぬぬ」となります。

 

なので、頑張って処理していましたが例のチクチクがあってほんとに難しいです。

 

 

どうやらIラインの毛って人によって全然違うみたいなんです。生え方とか、生えてる箇所とか、毛質とか。

 

私は後ろのほうはあまり生えていませんが、前のほうはかなりたくさんあります。
というか、Vラインとの境目なんてないですよね。
同じ感じでたくさん生えていますし、むしろその辺は毛量が多いような。

 

Iラインの線が始まる部分?の周辺がたくさん生えてて、内側もびっしりで大変です。

 

元からIラインに毛が生えていない人というのは、一体どこがVラインとの境目になっているんでしょうか?
謎です。

 

隙間の中のほうの毛は処理しようがないですよね。
ここも何度か電気シェイバーとかでキレイにやってみましたが、すぐにチクチクします。

スソワキガ対策にもなるIライン処理

もう一つ、Iラインの処理はデリケートゾーンのにおいの改善にも役に立つみたいですね。

 

確かに毛が多い時はパンツの中で蒸れて臭くなっているような気がしていました。
どうしても蒸れやすい場所だからしょうがないんですけどね。

 

夏場なんかはホントは定期的にスカートをバッサバッサしてお股の換気をしてあげたいけど、それで周りににおったら大変です。

 

たまに、

 

「あれ?もしやこれは周りの人にもにおってるんじゃないか?」

 

って自分で感じることありますよね。

 

私の場合は、出産前は生理時のにおいしか気になりませんでしたが、出産後は通常時でもたまににおいが自分にくるときがありました。
明らかに臭くなってしまった。悲しい。。

 

旦那に聞いたらやっぱり同じ感想でした。だよね。
スカートをはいているときなんてホント気になりますよ。

 

なので、ちょっとでもにおいを軽減するためにしっかりIライン処理するのが良いようです。

 

 

ちなみに旦那曰く、Iラインの処理は男にとっては一番重要らしいですよ。
なんか力説されました。

 

夜の仲良しをする中で、Iラインに毛があるかどうかでテンションは大きく変わるそうです。
確かに邪魔そうだもんなー。

Iラインの具体的な自己処理方法

というわけで、ここからは私がやっている(やっていた)Iラインの簡単自己処理方法をご紹介します。
現在は私は脱毛サロンでVIO脱毛をしてかなり薄くなったので、このレベルの処理はしなくてもいい状態になっていますのでラクチンです。

 

 

・どこで処理してた?

 

私の場合、Vラインの余分な毛の剃毛はお風呂でやってました。
体を洗って、ボディソープが付いてるそのままやっちゃう感じです。

 

ただ、IラインはT字カミソリを使うのは避けていたので、家に誰もいないとき、もしくは朝早く起きてリビングでやってました。
今も多少処理は必要なので同じですね。

 

 

・ペースは?

 

脱毛前は3日に1回ペースくらいでやっていました。
腕やスネのペースと同じですね。

 

でも、忙しい時は1週間、2週間と放置することもありました。。。
そんなときに旦那に誘われると、「ちょっと待って!」って感じでした。

 

脱毛後は週一で処理すれば十分な感じですね。

 

 

・道具は?

 

フェリエ(電動シェイバー)とヒートカッターを使っていました。

 

ヒートカッターで全体的に短くして、必要のないところはフェリエでキレイにしていました。
これがやり過ぎるとチクチクして、3日に1回やらないとつらくなります。

 

とにかくヒートカッターがポイントで、面倒くさい人、さっさと簡単に終わらせたい人は、2週に1回くらいヒートカッターで短くするだけでいいと思います。
そうすればあまりチクチクを味わうことなく、邪魔な毛とおさらばできますね。

 

長すぎると蒸れたり汚らしく見えたりするわけで、短ければそれで十分だと思います。
よほど濃くない限り。

 

私の場合はもう少し丁寧にやりたかったので、ヒートカッターで短くした後にフェリエで中央から遠い部分の毛を剃っていました。
これも、慣れればサササッと終わるのでそんなに時間はかかりません。

 

現在はかなり薄くなったので、まだ残っている毛をフェリエで剃ったり、たまにヒートカッターを使っていますね。

 

 

・処理手順は?

 

私はVラインから処理していきます。

 

お風呂である程度処理してあるので、後は形を整える程度にフェリエで余分な部分を剃っていきます。
自分の理想の形になったら、後は長さ調整のためにヒートカッターで短くしていきます。

 

Vがいい感じになったらIラインですね。
こちらはヒートカッターで先に全体を短くします。
私は常に5mm程度を維持しようと思っていました。
ただ、一度短くすると伸びてくるまでうまく処理できませんけどね。

 

全体が短くなったら、Iラインの外側の毛をフェリエで処理します。
何度もやっていると、どこまでならあまりチクチクしないのか分かってきますね。

 

鏡を見ながら処理はしませんが、完了したら一度鏡で見てみます。
納得したら完了です。

 

 

Iライン自己処理のデメリット

 

Iライン自己処理は慣れれば簡単ですが、デメリットもあります。

 

いくらフェリエなどを使ってもやはり肌に少しずつダメージを与えてしまうので、どうしても肌の黒ずみの原因になりやすいです。
特に、お股の部分は皮膚が薄いということもあり、簡単に黒くなってしまうんですよね。
カミソリを使っている人は要注意です。

 

普段はIラインの毛に隠されていて気づいていなくて、剃ってみたら予想以上に黒くて汚くてびっくりした、なんて人も多いと思います。

 

黒ずみがひどい場合は専用の美白クリームなんかを使ったほうがいいと思いますが、そもそもの予防策としてカミソリなどをあまり使わないほうがいいですね。
ヒートカッターのみに留めておくほうがいいのはこういう理由もあります。

 

 

あと、自己処理をしているとどうしても毛を抜きたくなる瞬間があります。
1本だけ変な場所に生えていたり。
抜いたほうが生えてくるまでの時間を稼げるのは間違いありません。

 

でも、抜くのが当たり前になってしまうと埋没毛の問題が出てきます。
毛が生えているのに皮膚の中に毛が埋まっているあれですね。

 

あの状態になると毛を皮膚から引っ張り出す感じになって、どう考えても皮膚に大きなダメージを与えてしまいます。

 

また、毛穴にダメージを与えることによってニキビのような湿疹、ボツっとした痛いのができやすいです。
デリケートソーンは不思議なことにこの「ボツ」ができやすいんですよね。
これができてしまって座るときにいちいち痛かったりとか、おしっこのときにしみるとかは女性あるあるだと思います。

 

私の予想ですが、股間は蒸れやすいこと、菌が繁殖しやすいことなどから、毛穴にダメージを負ったときに炎症が起きやすいんだと思います。

 

 

なので、Iラインの自己処理は面倒くさがらずに丁寧にやる必要があります。
キレイになりたくてやっているのに、そこが黒くなったり、赤い湿疹だらけになったら意味がないですからね。

脱毛サロンで脱毛済みだと処理は簡単

自己処理は慣れれば簡単にササッと出来るようになりますが、根本的な解決にはなりません。
チクチクから完全に解放されることはないし、3日に1回のフェリエは避けられない感じ。

 

濃い人はもっと短いスパンになるでしょうね。

 

 

今の私は脱毛サロンで脱毛済みなので、本当に楽です。

 

処理の手間を短くするためにも、脱毛サロンで脱毛しちゃうのが楽ですよ。
ちなみに、ミュゼでやりました。

 

100円

 

 

なぜミュゼに通い始めたかと言えば、「100円でVラインの脱毛を何回でも出来る」と聞いて、私のアンテナがビビビッときました。
だって100円ですよ??

 

最初は100円で1回だけ試せると思っていたんですが、ミュゼに通っている友達に聞いたら、

 

「普通に何回でも通えるよ」

 

と言っててびっくりしました。

 

実際に無料カウンセリングで聞いてみたら本当に100円で通い放題でした。
意味が分からなかったのでカウンセリングのかわいい女子に根掘り葉掘り聞いちゃいましたよ。

 

 

それでも疑い深い私は、100円脱毛でまずは何度も通ってVライン脱毛(ついでにワキ脱毛も)を進めました。
ポロポロと毛が抜け始め、どう考えても毛が薄くなってきたタイミングで効果を実感し、VIO脱毛のプランを追加しました。

 

現在はそれがほぼ完了して、ほとんど自己処理しなくてもいいVIOになった感じ。

 

 

2017年10月現在は、従来の100円キャンペーンの両ワキ+Vライン完了脱毛プラス、全身から2ヶ所選べて合計4ヶ所で300円キャンペーンというかなりお得なキャンペーンを開催中。

 

選べる部位が公式サイトに書いてあるので見てほしいんですが、「Iライン」と書いてありますよ!

 

これってなかなかすごいことで、たった300円でVラインIライン脱毛デビューできちゃうってことです。
もちろんVラインに関しては通い放題ですよ。

 

あと、私も使いましたが、ミュゼパスポートというアプリをダウンロードすると色々なコースが半額になります。
私はこれでミュゼのVIOコース、ハイジニーナ7というのを定価の半額、36,000円でやりました。
半額はかなりお財布に楽です。
アプリのダウンロードは契約時でも問題なかったですよ。

 

ちなみに、今月限定でさらに1万円引きのキャンペーンもやっています。
半額からの1万円引きなので、かなりお得。

 

条件としてはweb予約してバーコードを見せるだけで簡単です。
詳しくは公式サイトを見てみてください。

 

 

今回のキャンペーンの期限は10月31日で終了と書いてあります。

 

相変わらず安いのは間違いないので、試しにどんどん通ってみてください。
鬱陶しい勧誘とかもなく、気軽に通えましたよ。

 

ミュゼの公式サイト

 

100円

最初から全身脱毛したい人は脱毛ラボ

「せっかくVIO脱毛に通うなら、一緒に全身やってしまいたい」

 

ミュゼは部分脱毛サロンですので、最初から全身をやりたいならあまりオススメではありません。
そういう人には全身脱毛で一番安くて人気のある「脱毛ラボ」をオススメします。

 

 

 

脱毛ラボはとにかく安くて、以前は月額1万円くらいだったんですが、現在はなんと月額1,990円なんです。

 

この料金で全身脱毛48ヶ所が施術できます。
48ヶ所は顔もVIOも含めて本当に全身です。

 

さらに、脱毛ラボはスピード脱毛も売りにしていて、最短で半年で脱毛完了できるそうです。
公式サイトにその説明が書いてありますので詳しく知りたい方は読んでみてください。

 

 

ここまででも十分魅力的なんですが、さらに脱毛ラボは「初月から◯ヶ月無料」という定期的なキャンペーンもしています。
そのキャンペーンがめちゃくちゃで、現在は9月30日までの無料カウンセリングで13ヶ月無料です。
13ヶ月無料って、1年以上まるまる無料で通えるってことですよ。

 

「そんなのおかしくない?」と思いますよね?
私もミュゼのときと同じくすごく気になっちゃったので、実は現在脱毛ラボに通っています(私が契約したときは初月から10ヶ月無料だったけど)。

 

ミュゼでVIOはほとんど完了しましたが、VIOがきれいになると他の部位(私は背中)が気になりだしたんですよね。
なので、月額1,990円で1年間無料なら別にいいやと思ってやっちゃいました。

 

 

脱毛ラボは、脱毛の機械がミュゼと全く同じものを使っているので、私は既に効果や痛みのレベルは分かっているので安心感がありました。
あの機械、ほとんど痛くないですからね。

 

1,990円のカラクリとしては、全身を何回かに分けて施術するので、その分1回の料金が安いんです。
私は一番気になっていたVIOは完了しているので、あとは安い金額で気長にやってみるつもりです。
毎月ちょっとずつキレイになっていくって、ワクワクします。

 

 

私が見ている限り、13ヶ月無料は過去最高です。
多分これ以上は伸びないと思うので、気になる人はこのタイミングがオススメですよ。

 

契約して満足度が低かったとしても、契約期間後に普通にやめちゃえばいいだけなので気楽です。
今回で言えば最低契約期間は14ヶ月と公式サイトに書いてあります。
こうやって書くと怒られちゃうかもですが、1,990円だけ払って14ヶ月通ってやめても何も問題ないんです。

 

学生さんでも試しやすい金額なので、挑戦してみてください。

 

 

【10月1日追記】

 

13ヶ月無料が10月も延長になりましたね。
でも、「もうすぐ終了」という文字が追記されたので、そろそろこのキャンペーン自体が終わっちゃいそうですね。

 

10月31日までなので、早めに行ってみてくださいねー。

 

 

脱毛ラボ公式サイト

 

全身を完全にツルツルにしたいなら安くて痛くない医療脱毛

私はサロン脱毛で結構きれいに脱毛できましたが、もちろんつるつるではありません。
ちょろちょろ残っています。

 

「どうせ脱毛に通うなら全身完璧にツルツルになりたい!」

 

そう考えるタイプの人は、医療脱毛に行くのがいいです。

 

私の友達は医療脱毛に通っていましたが、サロン脱毛に比べてやっぱり威力も効果も高いです。
サロンに比べて少ない回数でつるつる状態、いわゆる永久脱毛までいけます。
確かにこれはこれでうらやましい。

 

そんな医療脱毛、値段が高いのと痛いのがたまにキズなんですよね。
今の若い子にたまにキズって通じるのかな?
唯一の欠点って意味です。

 

全身脱毛だと40万円は当たり前、一昔前だと100万円なんて話も聞きました。

 

 

ただ、医療脱毛にもリーズナブルなところが出てきました。
最近話題なのは、「レジーナクリニック」です。

 

 

脱毛をしている人の間では話題沸騰で、乗り換えを考える人も多いんです。

 

医療脱毛なのにとにかく料金がリーズナブルで、全身脱毛がなんと月々6,800円、総額189,000円でできます。
こんな料金は見たことがない。
その他のクリニックの半額以下です。

 

で、よく調べてみたら、この料金はVIOと顔は含まない全身の脱毛とのこと。
やっぱり。流石に安すぎると思った。

 

でも、逆に考えると顔とVIOの脱毛に興味がない人にとってはめちゃくちゃお得ですよね。

 

 

と言いつつ、私はVIOのことが気になっちゃう人なので、なんでVIOは対象外なのか気になって電話して聞いてみました。
そしたら、実はVIOも施術するプランもあるとのこと!
公式サイトに書いていないだけなんだって。

 

料金総額は273,000円。
これでVIOを含む全身脱毛ができるそうです(顔は除く)。

 

この金額は正直すごい、ずるいと思いました。
VIOを含む全身脱毛で、それも医療の永久脱毛で、この金額はびっくりです。
脱毛に特化した医療機関だから実現できるみたいです(他のクリニックは美容整形なんかもやっているところが多い)。

 

ちなみに、VIOだけのプランもあるらしく、料金は84,000円とのこと。
この金額でVIOを完璧な状態にできるのなら、思い切ってやってみるのもありですよね。
生涯コスパで見ればめちゃくちゃ安いです。

 

あと、医療脱毛の痛みへの対策もしっかり考えられていて、レジーナクリニックでは脱毛部位に塗る麻酔が無料で受けられます。
毎回自由に受けられるので、これを利用すれば「痛くない医療脱毛」の完成です。

 

施術30分前くらいに行って、ぬってもらえばいいだけなんですよ。
無料ならしっかり利用したいですね。

 

医療脱毛の痛さを恐れている人は多く、特にVIOは怖いです。
それがこれだけで解決するんだからすごいですよね。

 

 

レジーナクリニックは現在全国4医院で、今後さらに増やしていくそうです。

 

現在の状況としては、案の定かなり人気化しているみたいで、一度新規の人を抑えるために料金の値上げがあったくらいです。
その後元に戻ったから良かったですけどね。

 

今はオープンキャンペーンのような状態なので、今後また料金が上がる可能性もあります。

 

まずはカウンセリングに行って自分で話を聞いて、判断してみてください。
脱毛に詳しい人ほど衝撃を受けると思います。

 

レジーナクリニック公式サイトを見てみる

 

自分の目で見るのがオススメ

私の経験からすると、フィーリングの合うサロン、合わないサロンはどうしてもあります。

 

いくらミュゼが安いと言っても、フィーリングが合わなくて通いづらかったら意味がありません。

 

なので、やっぱり最初は色んなサロンの無料カウンセリングに行ってみて、自分で確かめるのをオススメします。
特にミュゼと脱毛ラボは安いので、「とりあえず契約してみる」って選択もできます。

 

自分に最適なサロンを見つけて、キレイになる喜びを味わって欲しいです。